胃がん 免疫療法体験談

 

 

 

 

「余命7ヶ月」・胃ガンと転移肺ガンが消滅!

 

 

普段から胃重感や吐き気などが数日続くことがあったので近くのクリニックで
診察を受けましたが、これと言った原因はわからずじまい、その後激しい
痛みを感じるようになり総合病院で診てもらいました。

 

結果は後で知ることとなりますが、「余命7ヶ月」胃ガンの末期、
しかも肺にまで転移していました。

 

高齢なので手術はむずかしく、とりあえず抗ガン剤投与を受けることになりました。

 

そんな時、知人がガンに良いからとアガリクスを薦めてくれたので飲んでみました。
飲用して悪くはならないのですが2ヶ月ほど経っても大きな改善は感じられませんでした。

 

それならこのほうが良いかも知れないと家族が漢方専門薬局で
鹿角霊芝を買ってきてくれました。

 

飲み始めて1週間くらいで食欲が少しづつ湧き、
吐き気や胃の違和感もなくなりました。

 

それならと飲む量を増やしてみました。

 

日が経つにつれ、体調が良くなり気力も出て、入院から3ヶ月が経った頃の
精密検査でなんと胃ガンはもとより、肺に転移していたガンもほとんど消えていました。

 

医師も「こんな事があるのかな」と言いつつも、これなら近々退院できますと
にこやかに言ってくれました。

 

鹿角霊芝と出会わなければ私の命も多分なかったと思います。
鹿角霊芝が命を救ってくれたと思っています。

 

今後も飲み続けて行きます。

 

 

服部 力さん 78歳 (愛知県)

 

 

鹿角霊芝を同室の人に教えてもらい完全完治!

 

 

今から5年ほど前に胃ガンで胃の三分の二を切除しました。

 

その後順調に来ていたのですが、昨年6月頃から急に体重が減り始め、
体調も優れず、ヒョットして再発か転移したのではと心配になり検査を受けました。

 

腫瘍マ−カ−検査(CA19−9)で数値が高いことが判りましたが、
CTなどの検査では何も発見されませんでした。

 

正常値35〜37が月を追う事に108→127→162→188と
高くなり12月には257まで上がりました。

 

翌年1月の検査で、腹部の大動脈周囲のリンパ節と腹膜、
膵臓に転移が確認されました。

 

入院し、とりあえず抗ガン剤投与を受けることになりましたが、
医師によると延命を目的とするもので、期待は出来ないとのことでした。

 

「このまま死を迎えざるを得ないのかな」とあきらめの日々を送っていると、
同室の田中玲子さんがリンパ節3群(W期=漿膜への浸潤T3)だったにも
かかわらず、転移腫瘍が消え、早期の退院の運びとなりました。

 

そういえば田中さんは食間に液状のものを飲んでおられたのを
思いだし、何を飲んでおられたかをお聞きしました。

 

それが 鹿角霊芝だったのです。

 

田中さんの家族の方にお願いし、私も 鹿角霊芝を購入してもらいました。
田中さんと同じ1日3回食間に服用しました。

 

すると見る見るうちに腫瘍マ−カ−が下がり始め、
転移腫瘍も驚くほどの早さで縮小し始めました。

 

飲み始めて半年、腫瘍マ−カ−も正常値に近づき、
腫瘍も確認されなくなりました。

 

これもすべて鹿角霊芝のお陰と感謝しています。
またガンで苦しむ同室の方にも鹿角霊芝お薦めしました。

 

飲用された人は次々と良い方向へと向かい、鹿角霊芝を
紹介したことに対し感謝されています。

 

 

田上美佐子さん 57歳 (岡山県)

 

 

胃ガンから肺、リンパ節にガンが転移 鹿角霊芝を飲用し4cmのガンが消滅!

 

 

一年ほど前、胃ガン(4cm)、肺ガン5cm、左リンパ節にガンが
発見されステ−ジ4の末期と診断されました。

 

息子がインタ−ネットで色々ガンに良いとされるモノを調べてくれた結果、
KN-5鹿角霊芝が一番効き目がありそうだと言うので早速購入し飲用を始めました。

 

治療はガンが拡がっているのと大きいので手術や
放射線治療はなく、抗ガン剤だけの治療でした。

 

治療中も鹿角霊芝は飲み続けた結果、抗ガン剤による副作用は
多少あったものの、強い抗ガン剤の割りには酷くはありませんでした。

 

胃ガンは4cmあったのですが、肺ガンが進行性ガンだったので
肺ガン専用の抗ガン剤を投与し続けました。

 

そんな中この一年間に4cmあった胃ガンが全て消えました。

 

医師や看護婦は胃ガンが消えるのはおかしいと何度も胃カメラやCTによる
診察をしましたが、やはりガンは見つからず消えていたのです。

 

それにリンパ節にあったガンも全て消えているそうです。

 

後残るのは肺ガンだけですが、医師は大きくなっていないので
共存も考えられる範囲に来たと言っています。

 

私は鹿角霊芝を飲用しながら治療を続ければきっと治ると思っています。

 

鹿角霊芝を飲用し始め、子の一年間で医師に消滅するのはおかしいと
言わせるくらい直接の治療をしていない4cmの胃ガンが消えたのは
鹿角霊芝のお陰だと思っているからです。

 

 

福田義一さん 58歳 (大阪市)

 

 

原因が胃ガンで肝臓と腹膜と肺にも転移

 

 

ステ−ジ4の末期、病院の先生に余命3〜4ヶ月と言われたので
娘がインタ−ネットで、KN-5鹿角霊芝を見つけ飲用しようと病院の
先生に鹿角霊芝(濃縮液)を飲用しても良いかどうか訪ねましたが
そんなモノでガンが治る事はないと言われました。

 

家族は末期だし余命も告げられたのでやれる事は
しようと先生には内緒で飲用しました。

 

その間PS-1などの強い抗ガン剤を投与しつつ
KN-5鹿角霊芝を6ヶ月飲用しました。

 

不思議に抗がん剤の副作用が全くなく医師も驚いていました。

 

経過は胃ガンの宿ガンが消え、肝臓の一部にまだ少しあるモノの
転移した腹膜、肺ガンもなくなりました。

 

医師は抗ガン剤だけで此処までガンがなくなる事はないと
不思議がっていました。

 

病院からの帰りに娘と絶対KN-5鹿角霊芝のお陰に
決まっているとお互い納得しあいました。

 

ただ、医師には今更なのと、今後の治療への気遣いがあり
鹿角霊芝のお陰だと告げられないのが非常に残念です。

 

原因が胃ガンなので再発のおそれがあると言うことで胃の全摘をと
言われましたが、現在胃にはガンがまったく確認できないのと、
これからの人生、本人の生活が一変するのでよく話した後
決めようと思います。

 

後は肝臓の一部の極小ガンの治療を残すのみ、此処まで
来れたのも全てはKN-5鹿角霊芝のお陰です。

 

他の人で胃ガンで苦しんでいる人に紹介してあげましたが
経過が非常に良く感謝されお礼を戴きました。

 

再発をしないようこれからもKN-5鹿角霊芝を飲用していきます。

 

K.Kさん (千葉県)

 

 

胃ガンが再発し肝臓と肺に転移余命5ヶ月を宣告

 

 

4年ほど前、ステ−ジUの胃ガンが見つかり福岡県内の
総合病院に入院し手術を受けました。

 

手術は成功し抗がん剤治療のお陰か経過も順調で
退院後1年間ほど検査のため通院しました。

 

検査の結果はガンマ−カ−も安定し医師は再発の兆候も
診られないのでこれなら大丈夫でしょうと言われたので
治ったものと安心し、その後の検査はしませんでした。

 

それから4年ほど過ぎた頃から食欲がなくなり始め、食後に
胃に膨満感を感じるようになりました。

 

年齢の性かなと思いましたが、やがて体重が減り始め、胃痛や
酷い時は嘔吐するようになり最初は胃薬など飲んでいましたが、
いよいよ我慢できなくなり検査した所、胃ガンが再発し肝臓と
肺にもガンが見つかりました。

 

医師はこの状態だと治療しても余命4〜5ヶ月ですと家族に伝えました。

 

胃ガンの手術も成功し、経過も良かったので治ったものと
信じていたし、自分も家族も安心しきっていました。

 

余命を聞かされた時は体中から力が抜け、血が引いて
目の前が真っ暗になりました。

 

家族が治療しても無駄と言われたので何かガンに良い物はないかと
インタ−ネットでガンに効く物を調べた結果、KN-5鹿角霊芝って
言うのが良さそうなので飲用する事にしました。

 

KN-5鹿角霊芝は処方箋しか扱わない調剤薬局で販売されていたので
一般のガンに効く物と違い信用できました。

 

早速近くの調剤薬局に買いに行き、説明を受け飲用を開始しました。

 

飲用し始めて1ヶ月位で食欲が出始め、元気も出てきたので
体に合っていると思い飲用を続けました。

 

飲用し始めて僅か5ヶ月で胃ガンがほとんどなくなり、肝臓と肺のガンも大きくなる事はなく
今は影がある程度まで治り、肝機能(GOT GTPγ-GTP)の数値も驚くほど良くなりました。

 

現在は薬や抗がん剤などで治療を受けていますが、医師もこれほどまでに
改善される事は例がない、この分だと大丈夫ですと言ってくれました。

 

治療しても無理だと言われたガンがここまで治ったのは
全てKN-5鹿角霊芝のお陰です。

 

 

Y.Tさん (福岡県)

 

 

 

※ご相談者様からいただいたアンケート用紙は当研究会にて
大切に保管させていただいています。

 

ご覧になられたい場合は遠慮なくお申しつけください。

 

プライバシー保護の観点からお名前を伏せさせていただいている方もおられます。
(守秘義務のため、プロフィールは一部非公開とさせていただいている場合)

 

ご相談者様の声はすべて当研究会にて保管し、その後のサービス向上に
役立たせていただいております。

 

 

 



 

 

 

末期がんでも、あきらめないで下さい!

 

 

今、あなたやあなたのまわりで、がんという病気でお悩みの方、また今後身体の健康について
真剣に考えておられる方は、このWEBサイトをご覧いただき、正しく理解していただく事によって
ぜひ健康な身体を取り戻して下さい。

 

私たちは、がんはあなたの気持ち・行動次第で、改善する事が可能だと考えます!

 

 

※現在(2011年3月30日時点)までに研究会設立後、10年余りで3,500人を超える、
がんでお悩みの患者さんのご相談を受けてまいりました。

 

 

その結果、病状が改善されたり、完治された多くの方々が飲用され、
もっともがんに効果的な食品は『鹿角霊芝』だったのです!

 

でも、本当に『鹿角霊芝』で昔のような健康な体を取り戻せるのか?
そんな、疑問をお持ちになるのは当然でしょう!

 

そんな時は遠慮なさらず、当研究会へお問い合わせ下さい。
⇒もちろん、相談は無料です!

 

 

 

 

 

 

 

胃がん 克服,胃がん,闘病記,鹿角霊芝

 

 

 

鹿角霊芝をおすすめする理由!

 

 

 

鹿角霊芝をおすすめする理由その1
<鹿角霊芝の効能は、がんなどの難病の改善完治をはかる漢方系薬剤!>

 

がんなどの難病を改善完治するには『免疫系』『神経系』『内分泌系』『血管系』
『代謝系』の全てが正常に働かないと、がんなどに立ち向う事が出来ません。

 

また、抗がん剤の投与により白血球数(免疫細胞)が激減し、逆にがん細胞を
増殖させる結果となる事例も多々あります。

 

鹿角霊芝の効能は『免疫系』『神経系』『内分泌系』『血管系』『代謝系』の
全てを強化し総合的身体機能の働きにより、がんなどの難病の改善完治を
はかる漢方系薬剤です。

 

従って、医薬品による重大な副作用を軽減する働きにも優れています。

 

 

 

 

鹿角霊芝をおすすめする理由その2
<飲用する事で宿主が本来持つ癌細胞を攻撃する免疫力を高める!>

 

免疫療法は、微生物やウイルスだけではなく、がん細胞に存在する成分のうち
宿主免疫系が標的抗原として認識しえる構成成分(癌抗原)を同定し、この
癌抗原を宿主に人為的に与えることで癌に対する特異的な抗腫瘍免疫を誘導します。

 

言い換えれば、飲用することで宿主が本来持つ癌細胞を攻撃する免疫力を高め、
自己免疫力によって癌を治療または予防する療法が免疫療法なのです。

 

 

 

 

鹿角霊芝をおすすめする理由その3
<β−グルカンの含有量はキノコ類の中でも突出!>

 

当協会が推奨する鹿角霊芝のβ−グルカン量は アガリクスの7.5倍・メシマコブの3.5倍
ハナビラタケの1.7倍・ヤマブシダケの2.8倍・霊芝の10倍ある 特別な菌糸体です。

 

有名だから 高価だからといって最良のもとは限りません!
確かな実績があってこそ価値があるものといえます。

 

 

⇒さらに詳しい内容については、当研究会へお問い合わせ下さい。