肺がん 免疫療法体験談

 

 

 

 

「余命7ヶ月」の肺ガンと脳への転移ガンが消えた。

 

 

咳が止まらなくなり、あまりにひどいので最寄りの総合病院で検査することにしました。
病院ではX線・血液検査・CTスキャン・MRI検査など受けました。

 

これは何か大変なことに・・・数日後、末期の肺ガンで脳にも転移が認められ、
手術不能の余命7〜8ヶ月と宣告を受けました。

 

一応治療としては抗ガン剤治療と脳腫瘍には放射線治療が4ヶ月にわたり
続けられましたが、好転は見られず、何とかお粥は食べられるものの自分では
歩くことができず話すことも出来なくなりました。

 

病院側はこれ以上の治療もむずかしいと判断し、「自宅にて療養でも」と・・・。

 

医者に見放され、後は死を待つだけかなと覚悟を決めていましたが、そんな折り、
新聞に「ガンに効く」鹿角霊芝という抗ガンキノコのチラシを長男が見つけ、
私も家族もワラをもすがる思いで試すことにしました。

 

一週間も過ぎた頃、血痰が少なくなり、呼吸も少し楽になるという
効き目を感じたため、飲む量を増やすことにしました。

 

鹿角霊芝を飲み始めて約2ヶ月を過ぎる頃には普通の食事が
取れるようになり、歩くことも話をすることも出来るようになりました。

 

すでに余命宣告時期を過ぎた後、最近、大学病院で検査をした結果、
肺のガンは勿論、影すらなくなり、6つあった脳腫瘍も2つに減り、その2つとも
0.5p以下と小さくなっていました。

 

半年足らずでここまでの結果が得られたのは鹿角霊芝が奇跡を起こしたとしか考えられません。
もう二度とガンにならないように自己免疫力を高めるため鹿角霊芝を飲み続けています。

 

 

大野文彦さん 男性 57歳(奈良県)

 

 

 

肺ガンで余命半年から1年が鹿角霊芝で完治し退院!

 

 

母が時折胸が苦しいとか変な咳をしたりし始め、季節も2月、インフルエンザにでも
なったのかと心配になり、最寄りの総合病院で検査を受けました。

 

レントゲン検査の結果「肺ガン末期」と診断され、急遽 大阪市内の
都島総合医療センタ−に入院、再度精密検査を受けた結果、
やはり「肺ガン末期」といわれ、しかも余命半年〜1年と宣告を受けました。

 

何とか母を助けて欲しいと医師に相談した所、説明によると年齢的に治療は
難しいと言われ、抗ガン剤、放射線治療は一応してみるが、死期を早めてしまう
結果となるかもしれないと治る見込みがほとんど無いような言われ方をしました。

 

あきらめるにしろ家族として、息子として出来る限りのことはしてやりたいと
代替医療をされている医師に相談し、そこで紹介されたのが鹿角霊芝でした。

 

週1回の抗ガン剤治療に加え、1日2単位の放射線治療を1ヶ月受け、
同時に鹿角霊芝も併用して飲用しました。

 

変化と言えば同時期に入院された人に比べ、母はガンの痛みもなく、
抗ガン剤や放射線治療の副作用も軽く、とても元気でした。

 

身体も元気なせいかみるみるよくなり、ガンも小さくなり始めました。

 

過去に抗ガン剤や放射線治療でこれほどの短期間の内に
改善された例がほとんど無いそうです。

 

また、5月〜6月には週に1度自宅に戻れるようになり、私は母の元気な姿を
見て始めて鹿角霊芝が本当に効いているのかもしれないと思うようになりました。

 

医師の診断によるとガン巣が三分の一に縮小、今なら手術可能、
手術をしないなら抗ガン剤治療を根気よく続けてみる・・と話がありました。

 

母も高齢だし良い方向へ向かっているので、手術をしないで
とりあえず様子を見たいと医師に告げました。

 

その結果、時折検査はあるものの9月に無事退院の運びとなりました。

 

振り返って考えると、母がここまでこれたのも鹿角霊芝 以外考えられません。

 

一時は家族一同諦めていましたが、元気で退院でき、家族の元に返ってこられたのも、
鹿角霊芝と、紹介して下さった医師のおかげと家族一同感謝しております。

 

その後母は旅行仲間と全国の温泉巡りをしており、現在も鹿角霊芝を飲用しています。

 

 

山村三枝子さん 女性 72歳(大阪府)

 

 

 

鹿角霊芝を飲用してわずか1ヶ月で4センチあったガンが3センチに縮小。

 

 

今日父が肺のレントゲンの検査を受けました。

 

私も本人も驚いたのですが、抗がん剤を始めてまだ一ヶ月だというのに
4センチあった肺のガンが3センチになっていました。

 

抗がん剤だけでこれだけの効果がでるとは思えません。
やはり鹿角霊芝をかかさず飲用している効果が出てきていると確信してよいのでしょうか?

 

鹿角霊芝をはじめてまだ二ヶ月たっていないのですが、やはり鹿角霊芝の効果としか考えられません。

 

 

平山さん (大阪府泉南郡)

 

 

 

※ご相談者様からいただいたアンケート用紙は当研究会にて
大切に保管させていただいています。

 

ご覧になられたい場合は遠慮なくお申しつけください。

 

プライバシー保護の観点からお名前を伏せさせていただいている方もおられます。
(守秘義務のため、プロフィールは一部非公開とさせていただいている場合)

 

ご相談者様の声はすべて当研究会にて保管し、その後のサービス向上に
役立たせていただいております。

 

 

 



 

 

 

末期がんでも、あきらめないで下さい!

 

今、あなたやあなたのまわりで、がんという病気でお悩みの方、また今後身体の健康について
真剣に考えておられる方は、このWEBサイトをご覧いただき、正しく理解していただく事によって
ぜひ健康な身体を取り戻して下さい。

 

私たちは、がんはあなたの気持ち・行動次第で、改善する事が可能だと考えます!

 

 

※現在(2011年3月30日時点)までに研究会設立後、10年余りで3,500人を超える、
がんでお悩みの患者さんのご相談を受けてまいりました。

 

 

その結果、病状が改善されたり、完治された多くの方々が飲用され、
もっともがんに効果的な食品は『鹿角霊芝』だったのです!

 

でも、本当に『鹿角霊芝』で昔のような健康な体を取り戻せるのか?
そんな、疑問をお持ちになるのは当然でしょう!

 

そんな時は遠慮なさらず、当研究会へお問い合わせ下さい。
⇒もちろん、相談は無料です!

 

 

 

 

 

 

 

肺がん 克服,肺がん,闘病記,鹿角霊芝

 

 

 

鹿角霊芝をおすすめする理由!

 

 

 

鹿角霊芝をおすすめする理由その1
<鹿角霊芝の効能は、がんなどの難病の改善完治をはかる漢方系薬剤!>

 

がんなどの難病を改善完治するには『免疫系』『神経系』『内分泌系』『血管系』
『代謝系』の全てが正常に働かないと、がんなどに立ち向う事が出来ません。

 

また、抗がん剤の投与により白血球数(免疫細胞)が激減し、逆にがん細胞を
増殖させる結果となる事例も多々あります。

 

鹿角霊芝の効能は『免疫系』『神経系』『内分泌系』『血管系』『代謝系』の
全てを強化し総合的身体機能の働きにより、がんなどの難病の改善完治を
はかる漢方系薬剤です。

 

従って、医薬品による重大な副作用を軽減する働きにも優れています。

 

 

 

 

鹿角霊芝をおすすめする理由その2
<飲用する事で宿主が本来持つ癌細胞を攻撃する免疫力を高める!>

 

免疫療法は、微生物やウイルスだけではなく、がん細胞に存在する成分のうち
宿主免疫系が標的抗原として認識しえる構成成分(癌抗原)を同定し、この
癌抗原を宿主に人為的に与えることで癌に対する特異的な抗腫瘍免疫を誘導します。

 

言い換えれば、飲用することで宿主が本来持つ癌細胞を攻撃する免疫力を高め、
自己免疫力によって癌を治療または予防する療法が免疫療法なのです。

 

 

 

 

鹿角霊芝をおすすめする理由その3
<β−グルカンの含有量はキノコ類の中でも突出!>

 

当協会が推奨する鹿角霊芝のβ−グルカン量は アガリクスの7.5倍・メシマコブの3.5倍
ハナビラタケの1.7倍・ヤマブシダケの2.8倍・霊芝の10倍ある 特別な菌糸体です。

 

有名だから 高価だからといって最良のもとは限りません!
確かな実績があってこそ価値があるものといえます。

 

 

⇒さらに詳しい内容については、当研究会へお問い合わせ下さい。